米国納税者番号取得ならein.bz

自力でein取得を目指す上での、難所をご紹介します。

英語は読める?

IRSに訪問し、フォームを入手します。常に最新の情報を獲るには、本家に出向くしかありません。この時に英語を読み、翻訳を行う時間や根気、読み間違いをせずに乗り越えられますか?

英会話はできる?

短期且つ、間違いの無い取得は電話での取得になります。なまりのある英会話でのヒアリングはできますか?ある程度の質問は決まっていますが、テンプレ化されているわけではなく、 ランダムな質問もあるようです。その時に答えを準備できるわけでもなく、受け答え出来なければいけないですね。

FAXはありますか?

電話での対応にしても、FAXの利用を促されます。それは書面のサインを確認するためと、アメリカ人にとっても外国人と会話するより間違いが無い(証拠が残る)からと言えます。

連絡可能日時は意識してる?

残念ながら日本とアメリカの時差は、非常に厄介なズレがあります。もちろんご自身の力で取得される方は、夜分に対応すれば特に問題ありませんが、日中や土日祝日は連絡がとれません。 また、電話はタイミングが合わないと、待ち時間に15分、30分と待たされることもあります。こういった場合は、素直に待っていると国際電話はバカになりません。「30分待ちのアナウンス」に、言われるがまま30分繋いだことがありましたが、 30分経過しても待ち状態のままだったことがあります。こういった時は、時間を置いて掛けなおすのが正解です。しかし、日時のズレた夜間対応の多い日本で、この対応が容易な方も少ないかと思われます。

時間はある?

日々お仕事や私情等でお忙しくされていると思います。アプリや電子書籍(kindleなど)販売に向けて活動されているのであれば、制作時間にも負われているかと思います。einは取得できてしまえば、 訳の無いことですが、取得までの情報収集、取得環境の準備など環境により時間を含めたコストは馬鹿になりません。